領収書には必ず印紙を貼らなくてはならないか?


MFクラウド会計が無料の会計事務所

印紙税法上の17号文書「金銭又は有価証券の受取書」(領収書のことです)のうち、記載された受取金額が3万円以上のものには、印紙を貼らなければなりません。(平成26年4月1日以後は5万円以上)


しかし、この領収書に対する印紙も、全ての場合に必ず貼らなければならないわけではありません。
そもそも領収書に対して印紙税が課税させるのは、印紙税法でいう「営業に関するもの」に限られています。


以下、3万円以上の領収書でも印紙を貼らなくてもよい場合を解説します。


①個人が私的財産を譲渡したとき等に作成する受取書(領収書)

個人が家財やコレクション等の私的財産をたまたま譲渡したとしても、それは営業に関するものではありませんので、印紙を貼る必要はありません。


②公益法人の作成する受取書(領収書)

公益法人等※は営利を目的とする法人ではないので、領収書を発行する場合も、営業に関するものではないという扱いになり、印紙を貼る必要はありません。

たとえそれが収益事業に関するものであっても、公益法人等の名義で作成する領収書であれば、印紙を貼る必要はありません。

※公益法人等=公益社団法人、公益財団法人、学校法人、医療法人、NPO法人、一般財団法人の一部、一般社団法人の一部等


③公益等を目的とする人格のない社団の作成する受取書(領収書)

「公益等を目的とする人格のない社団」とは、PTAや同窓会、町内会などの団体のことです。
これらの団体が公益等を目的として活動している以上は営業に関するものではないという扱いになり、印紙を貼る必要はありません。


④農業従事者等が作成する受取書(領収書)

農業、林業又は漁業は一般に営業に当たらないと解されていますので、印紙を貼る必要はありません。


⑤医師、弁護士等の作成する受取書(領収書)

自由職業者※は一般には営業に当たらないと解されますので、印紙を貼る必要はありません。

※自由職業者:
医師、歯科医師、歯科衛生士、保健士、はり士、きゅう士、柔道整復士等
弁護士、弁理士、公認会計士、司法書士、税理士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、建築士、海事代理士等




コメントの投稿

Secret

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

【鈴木公認会計士・税理士事務所】

【鈴木公認会計士・税理士事務所】

 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、山梨県を中心に活動している会計事務所です。
 顧客満足度No.1を目指して進化していけるよう、常に新しい取り組みにチャレンジしております。
 所員一同、一生懸命サポートさせていただきますので、どんな事でも当事務所へご相談ください。

TEL:03-6869-1900
FAX:03-6701-7500
MAIL:info@su-kaikei.jp
URL:http://www.su-kaikei.jp

>社会福祉法人監査
>学校法人監査
>鈴木行政書士事務所
>節税.tokyo
>学校法人会計 AtoZ
>無料新設法人リスト リストコ




にほんブログ村 士業ブログへ

サービス案内
注意事項
 情報は全て掲載日時点の法令等によっています。
 掲載内容については、万全を期しておりますが、個別の事情により取り扱いが異なる場合等があります。
 掲載内容に基づく実務処理を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容をご検討ください。
 また、内容が理解しやすいように厳密ではない解説をしていることがあります。

 掲載内容の利用により損害が発生することがあっても、一切責任を負いかねますのでご了承下さい。
RSSリンクの表示
QRコード
QR