役員報酬で節税する


MFクラウド会計が無料の会計事務所

一定の金額までであれば、会社の利益(所得)にかかる法人税よりも、給与にかかる所得税の方が税負担が軽くなります。


これは
①給与所得の計算上、給与所得控除という見なし経費が控除できる。
②所得税は超過累進税率なので、一定額までであれば法人税率よりも税率が低い。
ことによるものです。


従って、会社で利益を計上するより、その分を役員報酬として支給してしまった方が、トータルの税負担は軽くなることがあります。


例えば、①役員報酬500万円、会社で500万円の利益(所得)を計上する場合と、②役員報酬1,000万円、会社の利益(所得)が0円であった場合の税負担を比べてみましょう。
簡便的に、住民税は無視、所得税の人的控除は無視、法人税等の実効税率は35%とします。


①の場合の税負担
所得税:{500万円-154万円(給与所得控除)}×20%-42.75万円=26.45万円
法人税:500万円×35%=175万円
計:26.45万円+175万円=201.45万円


②の場合の税負担
所得税:{1,000万円-220万円(給与所得控除)}×23%-63.6万円=115.8万円
法人税:0円×35%=0万円
計:115.8万円+0円=115.8万円


今回の例では、利益を役員報酬にまわすことで、約85万円の節税をすることができます。
家族など、他の役員に報酬を分散することができれば、節税額はさらに大きくなります。


ただし、役員報酬で節税するにあたって、注意したい点がいくつかあります。

①所得税は超過累進税率のため、一定額を超えると法人税率よりも負担が重くなってしまう点

②役員報酬を増額することで、社会保険の負担金額も増えるので、考慮しなければならない点

③他の所得がある場合、合算して超過累進税率となる点

④役員報酬が損金として認められるためには、一定の要件があること(以前の記事で解説しています。→こちら)。

⑤近年の税制改正の動向では、法人税率を低く、所得税率を高く改正する傾向にあるため、節税のメリットが少なくなりつつある点

等です。




コメントの投稿

Secret

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

【鈴木公認会計士・税理士事務所】

【鈴木公認会計士・税理士事務所】

 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、山梨県を中心に活動している会計事務所です。
 顧客満足度No.1を目指して進化していけるよう、常に新しい取り組みにチャレンジしております。
 所員一同、一生懸命サポートさせていただきますので、どんな事でも当事務所へご相談ください。

TEL:03-6869-1900
FAX:03-6701-7500
MAIL:info@su-kaikei.jp
URL:http://www.su-kaikei.jp

>社会福祉法人監査
>学校法人監査
>鈴木行政書士事務所
>節税.tokyo
>学校法人会計 AtoZ
>無料新設法人リスト リストコ




にほんブログ村 士業ブログへ

サービス案内
注意事項
 情報は全て掲載日時点の法令等によっています。
 掲載内容については、万全を期しておりますが、個別の事情により取り扱いが異なる場合等があります。
 掲載内容に基づく実務処理を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容をご検討ください。
 また、内容が理解しやすいように厳密ではない解説をしていることがあります。

 掲載内容の利用により損害が発生することがあっても、一切責任を負いかねますのでご了承下さい。
RSSリンクの表示
QRコード
QR