美術品は減価償却できない!


MFクラウド会計が無料の会計事務所

書画、骨董品などの美術品は、時の経過によりその価値が減少するものではないため(むしろ価値が増すこともあるため)、税務上減価償却を行うことはできません。


法人税法基本通達7-1-1では具体的に、次に掲げるようなものは原則として書画、骨董品などの美術品に該当するとしています。


(1)古美術品、古文書、出土品、遺物等のように歴史的価値又は希少価値を有し、代替性のないもの

(2)美術関係の年鑑等に登載されている作者の制作に係る書画、彫刻、工芸品等


これらの条件に該当する資産を取得した場合には「工具器具備品」等として固定資産に計上し減価償却は行わなず、取得価額のまま保有し続けることになります。


ただし、その取得価額が1点で20万円未満の場合は、減価償却資産として扱うことができます。
また、絵画については1点で20万円以上であっても、1号当たり2万円未満のものであれば、減価償却資産として取り扱うことができます(1号は約22cm×16cm)。


美術品に該当するか否かについては、上記通達によっても判断がつきにくい点もありますが、キーワードとしては、「歴史的価値又は希少価値」を有するかどうか、「美術関係の年鑑等」に掲載されている作者であるかどうか、といったところで判断することになります。


また、よく話題に当たるのがリトグラフ(版画による複製)です。
リトグラフには、かなり高価なものもありますが、複製であること、作者の制作によるものではないことから、美術品には該当せず、減価償却をすることができると考えられています。


なお、中小企業者等の少額減価償却資産の特例は、そもそも減価償却資産でない美術品には適用することはできません。



【参考】法人税法基本通達7-1-1




コメントの投稿

Secret

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

【鈴木公認会計士・税理士事務所】

【鈴木公認会計士・税理士事務所】

 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、山梨県を中心に活動している会計事務所です。
 顧客満足度No.1を目指して進化していけるよう、常に新しい取り組みにチャレンジしております。
 所員一同、一生懸命サポートさせていただきますので、どんな事でも当事務所へご相談ください。

TEL:03-6869-1900
FAX:03-6701-7500
MAIL:info@su-kaikei.jp
URL:http://www.su-kaikei.jp

>社会福祉法人監査
>学校法人監査
>鈴木行政書士事務所
>節税.tokyo
>学校法人会計 AtoZ
>無料新設法人リスト リストコ




にほんブログ村 士業ブログへ

サービス案内
注意事項
 情報は全て掲載日時点の法令等によっています。
 掲載内容については、万全を期しておりますが、個別の事情により取り扱いが異なる場合等があります。
 掲載内容に基づく実務処理を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容をご検討ください。
 また、内容が理解しやすいように厳密ではない解説をしていることがあります。

 掲載内容の利用により損害が発生することがあっても、一切責任を負いかねますのでご了承下さい。
RSSリンクの表示
QRコード
QR